前回は階段昇降機の必要性と直線階段昇降機の概要という記事を投稿致しました。まだ、ご覧ではない方は是非!

そこで階段昇降機は2つのタイプに分かれているとお伝え致しましたが、本日は「曲線階段昇降機」の概要とその特徴をご説明します。(もう一つは、直線タイプの階段昇降機です。)

どんな階段にでも合う!曲線階段昇降機フロー

曲線式階段昇降機

そもそも曲線階段とは何か?というと、階段を上から見たときにL字やコの字に曲がっている階段を指しております。まっすぐな直線階段に対して、カーブを含む階段を総称して曲線(曲がり)階段と呼んでいます。そこに前回紹介した直線昇降機は設置できません・・・・
がしかし!弊社は曲がりの階段専用の昇降機も取り扱っております。

その曲がった階段にレールが沿うようなに設置され、その上を駆動部が走ります。例えが良くないかもしれませんがジェットコースターのようなものです(もちろん弊社の昇降機は急発進・急停車はしないのでご安心を!)。

昇降機を分けて見ると、レール部分と実際に動く駆動部に分けることができます。そこで下の章ではそれぞれにスポットを当ててご説明していきます。

曲線階段昇降機のレールを徹底解剖!

まずはレール部分です。弊社の曲線階段昇降機は大きな特徴がいくつもあるのですが、その一つがレールです。さっそくチェックしていきましょう!

横曲げ編

曲線式階段昇降機8

こんな感じで上から覗くと、90度(Lの字)に横に曲がる階段に合わせて白いレールが設置しているのが伺えるかと思います。レールを端に置くような設計になっておりますので、階段の隅にレールを寄せることができます。この時に昇降機を使っていない時は、一緒にお住いのご家族がレールを気にすることなく行き来できます。壁からおおよそ18~20cmまで寄せることができるので狭い階段も設置が可能です。急カーブにも対応しますので車に例えるとまさにカーブをスイスイ走り小回りの利く高性能の日本車といったところです。

立て曲げ編

曲線2

横曲げもあるということは、立て曲げもあります。横曲げは階段を上から見ましたが、今度は写真のように横から見て頂ければお分かり頂けると思います!階段の傾斜に合わせて縦に曲げられるのも特徴です。

そこでよく頂く質問、「階段の勾配が急で昇るのも大変だし、降りるときは足を滑らしたら真っ逆さま。なんとかなりませんか?」

まったく問題ありません。写真を見て頂くと垂直からのスタートも可能ですので急な傾斜の階段を昇ることができるのです。激しい傾斜がついていても昇降できますのでどんな階段もへっちゃらです。さながら、グイグイと力強く進む外車の四駆といったところでしょう。

階段の傾斜が激しい場合、「他のメーカーさんの階段昇降機だとウチの階段に設置できないと言われました。」と相談頂くケースもありますが、弊社の階段昇降機はどんなご自宅の階段にも設置することができるますので同じような悩みを抱えていらっしゃる方はご相談ください。

一本レール編

この急カーブ、急勾配を可能にする、、、、、その理由は”一本レール”だからです!

curve stairlift

他社メーカーも含め、従来の階段昇降機のレールは上の写真のように2本レールが一般的です。2本のレールが並行して走っておりそこに階段昇降機が搭載されています。この場合、急カーブや急角度に対応できず、ゆるやかなレール形状になってしまいます。このためレールの出幅が大きくなり、階段に沿うようにレールが設置できなくなってしまいます。2本レールの対応角度はおおよそ50度位が限界です。

その点、一本レールは変幻自在にレールを加工できますので、ご自宅にあったお好みにレールを設置できます。対応角度も70度までとこれまで他の昇降機の設置が難しかった場合でも、対応することができます。

どんな自宅にでも合うデザイン性

曲線式階段昇降機7

レール編

白く美しレールラインは白や濃茶を基調とした壁紙と非常によく合います。一本レールですので、二本レールよりもスペースをとりません。階段のスペースも活かせますし、圧迫感もなくスッキリとコンパクトに収まります。

また、このレールカラーは変更できます。白、濃茶、茶、グレーと四色お好きな色を追加料金なしで決めることができるので、ぜひご自宅の雰囲気に合うを色選んで頂ければと思います。

詳しいレールカラーはコチラを参考にどうぞ。

駆動部編

そして実際に動く駆動部の方といいますとモダンでスタイリッシュで、これほどまでに洗練した階段昇降機は他にないと自負しております(笑)。上の写真ではシートカラーがホワイトですが、これも追加料金なしで色を変更することができます。

色の種類は多様ですのでコチラも合わせてご覧ください。

ドイツ製の階段昇降機ですので欧米スタイルのご自宅に合う帳合いです。えっ?ご自宅は和風でしたか??でもこれが和室にも合うんです!ぜひシートカラー、レールカラーを変更して自宅に合う階段昇降機をご自身でデザインしてください。

まとめ

今回は曲線タイプの階段昇降機にスポットを当て説明いたしました。

従来の2本レールから進化した、1本レールで自由自在にレール曲げることができるのが特徴です。このことにより、どんな階段にでも合う、使い勝手の良い優れた昇降機が実現できるのです。

自宅に設置した時のイメージをしてみてください、、、、、いかがでしょう?ご自宅の雰囲気にしっくり合うと思います!

デザイン性が高いのも、この昇降機の特徴です。もっと多くの機能がこの昇降機に備わっております。詳しくは曲線式階段昇降機フローをご覧ください。