先日、42回目になるHCR(国際福祉機器展)に行ってきました!というお話をさせて頂きましたが、その時にこの持ち運び可能な階段昇降介助装置スカラーモービル」の出展もされていたので実際にさわってきました!

scalamovile-1使用感はというと、、、、、、、おっ、結構いいぞコレっていう(笑)

といいますのも、昔は階段を降りることはできるが昇ぼれないモノや装置自体が大きすぎて一般住宅の階段では使えないケースがほとんどでした。
がしかし!現在はどのメーカーもコンパクト設計で昇り降りどちらも可能なようです。

特にこのスカラーモービルは可搬型昇降機の中でもメジャーで信頼性もあり、機能性もGOOD!

こんな感じで利用者を乗せて階段を昇り降りするようです。使い慣れるまではちょっと四苦八苦しそうですが結局慣れの所はあると案内された方が説明していました。

ただ、わざわざ階段の昇り降りの為だけにこの装置に車イスから乗り換えるのがめんどくさい!というかたにはコチラ!

scalamovile-2

こちらは通常お使いの車いすにドッキングさせてつかうタイプです。

ん~かっこイイ。 こちらは折り畳み機構になっており、もち運びにも便利そうですが、上のイス型タイプと比べると、日本特有の曲がった狭い階段には不向きかなといったところです。

さあ、気になるお値段ですが色々と聞いてみると、、、、、、

「150万円程度」のこと。

なるほど、曲りの階段昇降機もこの位の値段になりますし同等位の価格帯かなぁと感じました!

介助者の方がいてくれるんだけど階段の昇り降りで困っている!という方はぜひおススメの商品です。動画もありましたので参考になるかと!!